top of page

篠原金融塾 グローバルマーケットウィークリー 11/17/2023

10月の米消費者物価指数(CPI)、特にコアベースは加速するという見方が多かったが、実際には前年同月比4.0%と前月の4.1%を下回った。これを受けて、先週は米連邦準備理事会(FRB)が、12月の次回連邦公開市場委員会(FOMC)で金融政策を据え置き、来年は利下げに転じるという見方が一気に広がり、株高・債券高の展開となった。ドル円も149円台で越週。


そうは言っても、アメリカのコアCPIは引き続き4.0%という水準だ。FRBの利下げがすぐに始まるわけではなく、ちょっとはしゃぎすぎのような気もするが、何はともあれ、足許円安の巻戻しの動きは続くだろう。


その先はどうなるのだろうか?


アメリカの労働市場は健全で、景気減速の兆候はない。年内は、来年に向けてポジション調整の動きが続くだろう。今後も市場の注目はインフレ動向に集まるが、景気の先行きを占うためには、年末の個人消費動向がどうなるかが極めて重要だ。まずはブラックフライデー。ここで大きく個人消費が減速するようなことがあると一気に利下げ相場が始まる可能性もあるものの、逆に好調だと利下げ期待が大きく後退する可能性もあるだろう。

株式会社ランプライターコンサルティングは、当サイトに掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。当サイトでは、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、株式会社ランプライターコンサルティングは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。当サイトに掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。


閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page