top of page

篠原金融塾 グローバルマーケットウィークリー 11/10/2023

金利の上昇がようやく米経済に打撃を与え始めたかもしれないと市場参加者の多くが考え始め、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げは終了と考えているようだ。しかしながら、パウエルFRB議長は、はっきりしない。インフレ率を2%に下げる上で十分な引き締めを行ったと完全には確信を持てていない。


一方、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、もう少し自信を持っているようだ。必要になれば再度の利上げを検討するとしながらも、中銀預金金利を4%で維持すれば、インフレ抑制には十分なはずだと述べている。


そんな中、14日に発表予定の10月のアメリカの消費者物価指数(CPI)に市場の注目は集まっている。年内の相場の地合いが決まると言っても過言ではないだろう。


エネルギー価格の下落が全体の伸びを押し下げると思われるが、それだけでは安心できない。コアCPIがこの動きに併せ、伸びが鈍化するか否かに注目する必要がある。


株式会社ランプライターコンサルティングは、当サイトに掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。当サイトでは、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、株式会社ランプライターコンサルティングは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。当サイトに掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。


閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page