top of page

篠原金融塾  グローバルマーケットウィークリー 6/2/2023

バイデン米大統領は3日、上下両院が可決した債務上限停止法案に署名し、デフォルト(債務不履行)を回避した。政府債務上限を巡る懸念が払拭されたことから、米連邦準備制度理事会(FRB)の今後の焦点は、ファンダメンタルズ。


金曜日に発表された5月の雇用統計によると、非農業部門就業者数は、33万9,000人増と、市場予想の19万人増を大幅に上回った。失業率は前月の3.4%から3.7%に上昇。


今月開催されるFOMCでは、政策金利を据え置くという向きが増えてきたが、利上げ打ち止めの決め打ちは危険。今のところ労働市場に弱さは見られない。


また、グローバルに食糧価格が上昇しているが、食料が消費支出に占める割合は高く、価格の上昇幅が比較的小さくても、家計により大きな影響が及ぶ。


今月は、6/13-14にFOMC、6/15にECB、6/15-16に日銀、6/22にBOEが政策決定会合を行うが、その中でどのような議論が行われるかに注目したい。


株式会社ランプライターコンサルティングは、当サイトに掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。当サイトでは、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、株式会社ランプライターコンサルティングは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。当サイトに掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。

閲覧数:11回0件のコメント

コメント


bottom of page