top of page

篠原金融塾  FRBよりもWBC? グローバルマーケットウィークリー 3/24/2023

米連邦準備制度理事会(FRB)は、連邦公開市場委員会(FOMC)で、高水準のインフレと経済活動が健全であることを踏まえて、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0.25ポイント引き上げ4.75~5%とすることを決めた。


パウエル議長はFOMC後の記者会見で、会合では金利の据え置きも議論されたと明らかにしたが、「米国の銀行システムは健全で強じんだ」というメッセージを送るためには、利上げが必要だったのだろう。同時に銀行不安で経済がどの程度減速するのかは、FRBでも現時点ではわからないというのが正直なところだろう。


新たな金融機関の名前が出てこなければ、株式は底値を固め、国債の頭は重くなるだろう。新たな不安が出てきてしまうと、質への逃避の動きから株式は下値を試し、国債は買われるだろう。


グローバルマーケットは、当面の間、ボラタイルな展開が続きそうだ。


それにしてもWBCは凄かった!


プロ野球のテレビ中継が減り、最近は高校野球以外観なくなっていたが、WBCを観て、やっぱり野球は面白いと思った。世界一の投手の大谷翔平選手と世界一の打者のマイク・トラウト選手の対決が日本1点リードの9回表ツーアウトで実現するなんて!大谷選手は三振をとりにいき、トラウト選手はホームランを狙う。こんなにドキドキしながら野球を観たのは久しぶりだ。


ヌートバー選手の大活躍も忘れてはいけない。日本の選手は感情を出さない選手が多いが、一次ラウンドで、タイムリーヒットを打った後の、一塁ベース上でのヌートバー選手の雄たけびとガッツポーズは日本中を大いに盛り上げた。何だか涙がでてきそうになるほど嬉しかった。


今年は野球を見たいと思う!

株式会社ランプライターコンサルティングは、当サイトに掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。当サイトでは、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、株式会社ランプライターコンサルティングは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。当サイトに掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。

閲覧数:12回0件のコメント

Comments


bottom of page