top of page

篠原金融塾 グローバルマーケットウィークリー 2/2/2024

アメリカの1月の雇用統計によると、非農業部門の就業者数は前月比で35万3,000人増加した。失業率は前月と同じ3.7%だった。平均時給は前年同月比+4.5%の上昇。何度も言うが、アメリカの労働市場は健全であり、米連邦準備理事会(FRB)が3月にも早期利下げに踏み切り、年内6回の利下げを行うとの市場の織込みは行き過ぎている。


そんな中、米国株式市場は大幅に上昇して取引を終えた。S&P総合500種は終値ベースでの史上最高値を更新。米利下げ観測は、後退したものの、好決算と好調雇用統計が経済への信頼感を高めていると言って良いだろう。S&P500構成銘柄のうち230社がすでに決算を発表。そのうちの80%が市場予想を上回っている。金利が引き続き大きく上昇する展開となれば話は別だが、押し目には買いが入ってくる展開が続きそうだ。また、債券市場は経済指標を眺めながら、行ったり来たりの展開が続きそうだ。


今年は、節分の日の行事である豆まきを再開した神社、お寺が多い。子供の頃は毎年のイベントとして楽しみにしていた。近所のお寺に見に行ったが、参加する子供の数がとても少ないことに驚いた。こういうところにも少子高齢化の影響が出ているんだと再認識させられた週末となった。




株式会社ランプライターコンサルティングは、当サイトに掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。当サイトでは、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、株式会社ランプライターコンサルティングは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。当サイトに掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。

閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page