top of page

篠原金融塾 グローバルマーケットウィークリー 1/13/2023

昨年12月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は、ヘッドラインCPIが前月比で0.1%のマイナスとなった。これ自体はとても良いニュースだ。それでも前年比で6.5%の上昇というのは中央銀行として安心出来る水準ではない。コアCPIは前月比0.3%、前年比5.7%の上昇だ。


市場では次回FOMCでの利上げ幅は0.25%になるとの見方も出来てきており、円高が進んでいる。今後は、アメリカの利上げ停止や利下げと言った話が出てくるものと思われる。加えて、日銀のマイナス金利解除との話から、更に円は買い戻されそうだ。


米国債は買われているが、アメリカの失業率は市場最低水準と労働市場は健全だ。景気が急激に減速する心配もない中、FRBは次回FOMCでも利上げを実施するだろう。とても慌てて米国債を買わないといけない状況だとは思えないが、我々の知らない米国債を買わないといけないような材料がここから顕在化してくるのだろうか?





株式会社ランプライターコンサルティングは、当サイトに掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。当サイトでは、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、株式会社ランプライターコンサルティングは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。当サイトに掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。


閲覧数:12回0件のコメント