篠原金融塾  米連邦公開市場委員会(FOMC)

フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジは、現在2.25~2.50%だが、20~21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、75ベーシスポイント(bp)の利上げが実施され、3.00~3.25%に引き上げられるとの見方が市場のコンセンサスだ。100ベーシスポイント(bp)を見込む向きもあるが、それよりも重要なのは、2023年のFF金利見通し(中央値)がどの程度上方修正されるかということだろう。


6月時点で2023年のCore PCE見通しは2.7%、FF金利見通しは3.8%だったが、Core PCEが上方修正され、それを受け、FF金利見通しは、少なくとも4.0%かそれ以上に引き上げられる可能性が高い。


仮にFF金利見通しが4.5-5.0%へ上がるようなことがあれば、米国債金利は更に上昇するものと思料され、イールドカーブは更にベアフラットニングするだろう。FF金利見通しが引き上げられ、逆イールドになる状況では、モーゲージ債、社債などは、米国債に対しアンダーパフォームし、スプレッドは更にワイドニングするだろう。




株式会社ランプライターコンサルティングは、当サイトに掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。当サイトでは、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、株式会社ランプライターコンサルティングは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。当サイトに掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。


閲覧数:8回0件のコメント