篠原金融塾 あれから20年 グローバルマーケットウィークリー 9/10/2021

更新日:2021年9月12日

マーケットは、欧米がテーパリング議論で株式市場の頭が重くなる一方、日本株は首相交代で期待が高まり、上値を試している。この動きは今週も続きそうだ。


今日のテーマは911。


約3,000人の犠牲者が出た2001年9月11日。快晴で、雲一つない青い空がとても印象的な日。あれから20年の歳月が流れた。私のオフィスは、1ワールドトレードセンター(最初に飛行機が突っ込んだビル)の50階。約1時間かけて無事避難することが出来たが、本当に大変なのはそれからだった。


911テロ後、多くのマーケットが閉鎖されたが、資金繰りの調整を行うマネーマーケットだけは通常通りオープンしていた。オフィスがなくなった多くの銀行にとって、アメリカの中央銀行であるFRBにある自分の口座にいくらお金があるかを知る手立ては、FRBに電話するしかなかった。せっかく助かったのに自分の銀行を資金繰り倒産させるわけにはいかない。FRBに電話すると、「今日は担保なしでも青天井に資金供給する」と教えてくれた。ひと安心だ。


しかしながら、資金繰り担当者にとって大きな問題は、米系大手の金融機関が被災し、証券決済が全く機能しなかったことだった。入ってくるはずの資金が入ってこない。出ていくはずの資金が戻ってくる。大混乱だ。数日後に証券決済が動き始めた時は本当に嬉しかったことを今でも覚えている。


それにしても、この20年の技術進歩は凄いとしかいいようがない。今では武装した兵隊が各ブロックに立っている中、怖い想いをしながら、バックアップサイトに行く必要もないだろう。殆どのことがリモートワークで対応できるようになった。新型コロナの感染拡大は人々の心、経済を疲弊させているが、世の中はどんどん便利になっている。凄いことだと思う。


気になることもある。アフガニスタン政府が8月15日に崩壊したことについては先週もコメントしたが、20年続いたアフガン戦争が終わったということだ。この戦争が正しかったのか正しくなかったのかは私にはわからないが、この地域が安定し、繁栄がもたされたわけではない。アフガン戦争は終わったが、911の闘いは終わっていないと思うのは私だけだろうか?


この戦争を通じて得たものは一体何だったのでしょうか?


経済的には、グローバリゼーションが進展し、アメリカ、中国が繁栄した20年。覇権争いはこれからも続く。自国ファーストの動きがこれからも加速するのか?


私はそうは思わないし、思いたくもない。危機対応時には、当然ながら各国ともに自国ファーストの政策を実施するのは当然だろう。しかしながら、通常時は、ここまで人々が自由に情報にアクセスできる時代になり、それだけではなく、情報を発信できるようになった今、国境という概念は今まで以上になくなっていくとしか思えない。日本人が自分のやりたいことを実現するために日本で生きることにこだわる必要はなく、世界中どこへでも出て行って、チャレンジ出来る時代になった。グローバリゼーションの動きはこれからも続くと私は思う。


これからの20年、あらたな成長を求めてお金はどこに動くのか?


先進国で何かが生まれ、それが世界中に広まっていくという時代から、先進国で教育を受けた若者が開発途上国でイノベーションを起こし、先進国に広まっていくということが起きる時代になるのではないだろうか?今日はこんなことを考えている。


とても不思議だが、あんなに大変な想いをしたにもかかわらず、私はニューヨークが大好きだ。あの街のにおい、騒音、何よりもあの活気が大好きだ。嫌になったら30分電車に乗れば大自然に包まれる。いつの日か家族全員でワールドトレードセンター跡地に行って、思いっきり涙を流しながら、祈りを捧げたいと思う。






株式会社ランプライターコンサルティングは、当サイトに掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。当サイトでは、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、株式会社ランプライターコンサルティングは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。当サイトに掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。

閲覧数:22回0件のコメント