暇なときに 米中貿易摩擦

米国の対中関税引き上げは9─10日に開催される米中の閣僚級通商協議中に実施されることになる。当然中国は米国が関税を引き上げるなら対抗措置を取ると既に警告している。一方で、劉鶴副首相が訪米するということは、アメリカ側が合意できるような内容を用意しているのではないかとの思惑もある。


合意に至れば株式市場は買い戻され、交渉決裂となれば株式市場は更に売られることになる。当たり前のことだがどうなるかはわからない。政治ネタで交渉合意にかけて買うというのはただの博打。


米国株式は史上最高値圏からの調整であり、今のところ大きな問題はないが、雇用統計は強かったとは言っても、先行きの米国景気減速懸念が払しょくされない中、FRBは今後の米国の個人消費の減速はみたくないだろう。



株式会社ランプライターコンサルティングは、当サイトに掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。当サイトでは、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、株式会社ランプライターコンサルティングは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。当サイトに掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。

閲覧数:2回0件のコメント