top of page

全国学力テスト中止へ 多くの小中学校休校のため

新型コロナウイルスの影響で延期になっていた全国学力テストについて、文部科学省が2020年度の実施を中止する方針を固めた。全国学力テストは、毎年4月、全国の小学6年生と中学3年生の児童・生徒およそ200万人を対象に行われているが、新型コロナウイルスの影響で3月、延期が発表されていた。

中止の理由は以下の通り。

1:依然としてコロナウイルスは収束しておらず、全国で約6割の小学校が休校

2:再開後も児童生徒が落ち着いた学校生活を取り戻すのに、相当の期間が必要

3:指導計画や行事計画を大幅に見直すことが必要で、全国一斉に実施可能な日程を新たに設定するのは難しい

4:教育委員会や校長会など主要団体も、中止を求める意見が大勢

この中止の決定に異議を唱える者はいないだろう。安全第一だ。しかしながら、全国学力テストは、求められる学力を現場に浸透させる上で、この全国学力テストは大変大きな役割を果たしているそうだ。先生たちは、自校の教育活動の効果検証や改善のツールとして有効活用していたという。

確かに基礎学力を図るうえでは効果的な指標なのかもしれないが、今こそ学びとは何か、学力とは何かを議論してほしい。

先日も紹介したが、科学史家 村上陽一郎氏は、一部の権威ある人々がすべてを決定した時代とは異なり、今社会にとって何が合理的なのかを最終的に判断するのは市民だという。だからこそ、個人の良識や常識、健全な思考に私たちの未来はかかっていると再認識すべきだと主張する。そして、『分からないこと』と真摯に向き合い、問い続ける。その継続によって良識は養われると述べている。本当にそうだなあと思う。

同時に良く考えると何だか大変な時代がやってきたとも思う。


本当に市民が社会全体を考え、何が合理的か最終的に判断することが出来るのだろうか?