Kspace International Preschool & Kindergarten

2019年5月に訪問。


Kspace International SchoolのPrincipal/FounderのMs. Juliet Rogoveを訪ねた。白金台のプラチナ通りから少し入ったところにある学校だ。学校内のツアー及び質疑応答は、先生でありMultilingual Liaison OfficerのMs. Momoko Narimatsuが対応してくれた。


Kspace International Schoolでは3か月から10歳までの生徒が学ぶ。先生と職員の多くは英国出身で、英国の教育システム(English National Curriculum)に精通しているそうだ。

大きく分けて4つのコースがある。


Kspace, Parent & Child Classesは、3か月から4歳児が親子クラスに参加する。将来子供をインターナショナルスクールに進学させたい、或いは進学させたいがどのようなところかわからなくて不安、などと考えている保護者にとっては子供だけでなく、親も体験してみることができる素晴らしいプログラムだ。親子で参加することによって、子供にとってはとても安心でき、保護者にとっても楽しみながら自分も体験することができる上、子供の成長を見守ることが出来る。また子供だけのクラスに進む子供のための導入としてもおすすめである。


Tspace, International Preschool & Kindergartenは、14か月から6歳児までが参加するプログラムだ。Tspaceでは、学びの基本を身に着けることが出来る。14か月から2歳はCaterpillar, 2歳から3歳はChrysalis, 3歳から4歳はButterfly, 4歳から5歳はBig Bug, 5歳から6歳はSuper Bug, と細かくクラス分けされている。また3歳から4歳児コースのButterflyでは希望により週に3日はButterflyのまま、2日だけJLIP(Japanese Language Immersion Programme)という、バイリンガルコースに入ることが可能。ここで日本語の歌、ゲーム、本などを通じて日本語の基礎を学んでいくというチョイスもある。


Aspace, After School Programmesという14か月から10歳児までが参加出来るコースもある。料理、チェス、編み物、サッカー、Phonics、英語、芸術、科学、ダンスなど、様々なプログラムを提供している。


Saturday School, 土曜日学校は14か月から8歳までの生徒が参加できるプログラムだ。EFL(English as a Foreign Language)やESL(English as a Second Language)の生徒だけでなく、英語の勉強をしたい、または英語の勉強をさらに進めたい生徒4にも最適なプログラムだ。どの年齢のグループも英語の初心者から上級者まで受け入れることができる。また、出席したいだけ何回でも出席できる、柔軟性のあるプログラムを提供している。

全てのプログラムは3か月以上の月齢の子供であればお試しで1回参加することが可能とのことだ。また、午前7:30から午後7:00まで営業しているということで、忙しい両親にとってはこれもありがたい。


さらに英語、算数、音楽などの個人レッスンなども行っているそうだ。 その他にはサマースクール、ウィンタースクールなども開催しており、プログラムの充実ぶりには驚く。

こんな学校があると知っていれば、是非自分も参加したかった。インターナショナルスクールでは様々な行事が一年中開催されるが、その多くに保護者がボランティアとして参加する。自分の子供のみならず、沢山の子供に囲まれながら、一緒に楽しむことが必要だ。しかしながら、自分の経験不足で、子供達と上手くコミュニケーションが取れないことも多かった。Kspaceのような親子プログラムに参加していればもっと上手く出来たのではないかと今更ながら悔しい経験を思い出した。


Kspace Internationalの経験を活かして名門インターナショナルスクールに進学する生徒も多いそうだ。3人のお子さんを持つ校長先生のMs. Rogoveが作り上げたプログラムはとてもきめ細やかで、様々な家族のニーズに合っている内容だと思う。

https://www.kspacetokyo.org/main/

閲覧数:40回0件のコメント