top of page

篠原金融塾 グローバルマーケットウィークリー 10/20/2023

イスラエル軍がガザへの空爆を続けており、地上侵攻に備え、ガザとの境界付近に戦車など部隊を集結させている。戦争が次の段階に入るのは時間の問題だ。


そんな中、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、ニューヨークでの講演の草稿で連邦公開市場委員会(FOMC)について、「不確実性とリスク、そしてこれまでの進展を踏まえ、委員会は慎重に進んでいる」と述べた。その上で、ここ数カ月のデータはFRBが目標とする物価の安定と雇用の最大化に向けた継続的な進展を示しているとした。


この発言を受け、市場では次回FOMC会合(10/31-11/1)で政策金利を据え置くという向きが増えている。パウエル議長は、FRBの利上げとバランスシート縮小が経済活動を減速させていると考えているということなので当然だろう。しかしながら、アメリカ経済は予想以上に堅調だ。利上げ終了と決めつけるのは危険であり、さらなる引き締めが行われる可能性もあることには留意の要。


今週もグローバルマーケットは地政学リスクに右往左往する展開が続きそうだ。


欧米の金利が上昇になる中で日銀が興味深いレポートを公表している。その中で日銀は、日本の金融システムについて「健全かつ頑健」と評価、今後、長期金利だけが上昇して利回り曲線がスティープ(傾斜)化した場合、大手行も地域金融機関も時間の経過につれて増益幅が拡大。金利上昇直後に債券時価は悪化するが、その後は徐々に改善するとした。


ただ、気になるのは、海外金利の高止まり期間が長引くという見方が市場のコンセンサスになる中、「海外金利の高止まり期間が長引くほど企業財務が悪化して金融機関の信用コスト率が非線形的に上昇していく」としていることだ。外貨資産が日本の金融機関の足を引っ張ることもありそうだ。



株式会社ランプライターコンサルティングは、当サイトに掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。当サイトでは、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、株式会社ランプライターコンサルティングは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。当サイトに掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。


閲覧数:10回0件のコメント

Comments


bottom of page