top of page

篠原金融塾 デフレとインフレ グローバルマーケットウィークリー 3/1/2024

デフレとは、モノの価値が下がり、カネの価値が上がること。従って、借金をして、株式、不動産、実物資産などに投資してもうまくいかない。


インフレとは、その逆で、モノの価値が上がり、カネの価値が下がること。従って、借金をして、株式、不動産、実物資産などに投資するとうまくいく。


加えてドル円が円安に振れたことで、更に日本円の価値が下がっていることが、この動きに拍車をかけているかもしれない。


繰り返しになるが、先進国では、これから生産年齢人口の取り合いが始まる。インフレの世の中は続く。経済成長は鈍化するのかもしれないが、インフレは高止まり、持っている以上に実物資産に引き続きおカネが流れてくる展開が続きそうだ。


米連邦準備制度理事会(FRB)は、3月の連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を据え置く可能性が高いというのは市場のコンセンサスとなってきました。労働市場がやや弱まり、一部のインフレ指標も緩和傾向を示すようなら、より早期の利下げがみられるかもしれないが。。。


株式会社ランプライターコンサルティングは、当サイトに掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。当サイトでは、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、株式会社ランプライターコンサルティングは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。当サイトに掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。


閲覧数:18回0件のコメント

Comentarios


bottom of page