篠原金融塾 グローバルマーケットウィークリー 2/12/2021

13日の夜に宮城県と福島県で最大震度6強を観測する大きな地震だ。東京でもかなり長い時間揺れた。気象庁は14日未明に記者会見を開き、2011年3月11日の東日本大震災を引き起こした地震の「余震と考えられる」という。「今後1週間程度、同規模の地震に注意してほしい」と呼びかけている。


この地震の影響が気になるところだが、日経平均が強い。新型コロナウイルスの感染者数が減ってきた。ワクチンもいよいよ上陸、17日には、ワクチン接種が始まる。いよいよ日経平均29,520がダウ平均31,458を追い抜きそうな勢いになってきた。


中央銀行が市場を支えている限り引き続き、上値を試すという見方が広がっている。パウエルFRB議長は、2%超のインフレ率と雇用の最大化に向けて経済が「一段と大きな進展」を見せるまで、FRBが市場の下支えをやめないとの意向を示しており、新型コロナ下でも、株式・不動産などが大きく崩れることはないとの安心感が広がっている。


ひとつだけ気になるニュースがある。


高値を試しているのは株式市場だけではない。高利回りの社債および地方債が買われている。1月はジャンク債の発行額が過去最高だ。ウォールストリートジャーナル紙によると、配当を支払うためのジャンク債や、増えた借り入れの利息を借り手が払えるようにするためのジャンク債にも投資家は手を出しているという。どう思いますか?


買い手がいる限り、お金は回るので、問題はありませんが、さすがに資金繰りに困っている企業の発行する債券まで買われているということが気になるのは私だけでしょうか?




株式会社ランプライターコンサルティングは、当サイトに掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。当サイトでは、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、株式会社ランプライターコンサルティングは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。当サイトに掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。


閲覧数:17回0件のコメント