篠原金融塾 グローバルマーケットウィークリー 2/5/2021

1月の雇用統計では、非農業部門就業者数(季節調整済み)が前月比4万9000人増加したものの、2020年12月と11月分は合わせて15万9000人下方修正されている。失業率は12月の6.7%から6.3%に低下したものの、職探ししている人が減り、労働力にカウントされなくなったことが大きな要因だ。まだまだ安心できない。バイデン政権による大型追加経済対策への期待が広がり、原油市場は堅調だ。


今後のアメリカ経済はワクチン接種の進展、効果など、新型コロナウイルスを巡る状況に大きく左右される。感染拡大が、引き続き経済活動、雇用、インフレ率に重くのしかかるか否か?自由と平等を大切にするアメリカでは、反ワクチン派が、反マスク派と一緒に活動範囲を広げている。こうした活動はアメリカでの新型コロナウイルス感染拡大防止を難しくしているのは事実だろう。


市場参加者は、大型追加経済対策により、米景気が回復していくと予想する一方で、FRBが現在の金融政策を当面維持するとの見方をかえておらず、2年債利回りは、過去最低水準の0.105%まで買われる一方、インフレ率が高まるとの見方から、10年債利回りは前週比9.8bp上昇の1.07%で越週している。


ポイントはインフレ率が上昇するかどうかだ。インフレ率が上昇すれば、今の流れは継続、インフレ率が上昇しないのであれば、国債市場に資金は戻ってくるだろう。






株式会社ランプライターコンサルティングは、当サイトに掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。当サイトでは、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、株式会社ランプライターコンサルティングは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。当サイトに掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。



閲覧数:12回0件のコメント