篠原金融塾 グローバルマーケット(週次)

来週はグローバルに株式市場が高値を試す展開になりそうだ。

アメリカの5月の非農業部門就業者数は前月比250万人増加し、失業率は4月の14.7%から13.3%に低下。週次で発表される新規失業保険申請件数は引き続き、失業者の増加を示していることに加え、米供給管理協会の調査でも、労働市場は5月も悪化が続いていたことから、エコノミストたちが、5月に失業増の流れが反転すると予想出来なかったのは仕方がない。

今回の雇用統計には疑義があるという声も聞こえてきそうだが、労働市場が5月に上向き始めたのは事実だろう。そして6月は更に改善するはずだ。今の市場のセンチメントから考えると、米株式は底堅く、米国債はイールドカーブがスティープしながら金利が上昇する展開が続きそうだ。欧州国債も経済再開をテーマにドイツ国債、フランス国債が米国債同様の値動きになっている一方、イタリア国債金利は大幅に低下している。

アメリカは、1)店舗が破壊され、都市が燃やされ、2)米中問題が再燃、3)新型コロナウイルスの感染第2波リスクが払しょくできない、状況で問題だらけだ。日本でも東京アラートが発出された。しかしながら、重要なことは、グローバルに経済が再開し、アメリカでは、5月には既に労働者が採用され、失業率が低下し始めたという事実だ。経済再開の動きを大幅に妨げる動きがない限り、6月、7月、8月と景気が回復していくと考えるのが自然だろう。



株式会社ランプライターコンサルティングは、当サイトに掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。当サイトでは、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、株式会社ランプライターコンサルティングは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。当サイトに掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。

閲覧数:24回0件のコメント