篠原金融塾 グローバルマーケット(週次)

グローバルに経済再開がテーマ。市場のボラティリティは低下し、株式市場は堅調。金利は小動き。

リスクは米中問題。新型コロナウイルス感染拡大防止で協力するどころか戦っている。

今週中国は全国人民代表大会(全人代)で香港の統制を強める「香港国家安全法」の制定方針を採択した。

トランプ米大統領は、国家安全保障上のリスクとみなす中国人の入国を停止すると共に、香港に認めてきた優遇措置の一部を撤廃すると述べた。加えて、「香港の自治侵害に直接または間接的に関与する」中国および香港の当局者に対し、制裁発動も辞さない構えを見せている。また、トランプ米大統領は、今週世界保健機関(WHO)からの脱退を表明した。

トランプ米大統領の29日の発言が主に香港問題が中心であったことを受け、市場はひと安心。しかしながら、市場から両国のこれまでの通商合意が撤回されるとの懸念が消えることはないだろう。


株式会社ランプライターコンサルティングは、当サイトに掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。当サイトでは、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、株式会社ランプライターコンサルティングは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。当サイトに掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。


閲覧数:23回0件のコメント