top of page

篠原金融塾 メガバンクによる有価証券投資って面白い!その1

財務省が公表している投資家部門別対外証券投資(株式・投資ファンド持ち分・中長期債・短期債)というデータを見ると、銀行・生保・損保・投資信託委託会社等・金融商品取引業者など、日本の投資家が海外の何に投資しているのかがわかる。その中でも特に私が注目しているのは、中長期債(外国債券)のデータだ。外国債券を誰が買っているのか、誰が売っているのかがわかる。

2019年4月-2020年3月のデータを見てみると、外国債券の最大の買い手は銀行で8兆7千億円買い越している。そして年金、金融商品取引業者、生保だ。投資信託委託会社等、損保はネットで売り手となっている。実は生保・損保の外国債券の取扱高はさほど多くないということがわかる。

グロスのデータを見ると、金融商品取引業者を除くと、銀行、年金、投資信託委託会社等の取引高が多い。銀行っていうと預金とか住宅ローンとかそういうお堅いイメージがあるが、実は債券市場を動かす世界有数の投資家なのである。今回はメガバンクに注目してみる。


日本でメガバンクと言えば、三菱UFJフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループだ。そして国内事業にフォーカスするりそなグループ。

アメリカのメガバンクはJP Morgan, Citi, Bank of Americaだ。そして、国内事業にフォーカスするWells Fargo。

面白い。3メガ+1。そっくりだ。メガバンクは、様々なビジネスを展開しているが、いつもは話題にならない銀行の有価証券投資、運用サイドの話だ。


社会人のみならず、金融業界を目指す大学生も知っていて損はない情報だ。

5月に入ると日本のメガバンクの2019年度の決算が公表されるが、その前に2019年4月-12月期の損益状況、バランスシート、並びに有価証券投資の状況を確認することにする。


まずは損益状況だ。

三菱UFJフィナンシャルグループの2019年4月から12月までに経常利益は1兆円を超えている。純利益は6,566億円と2018年度と比較すると2,904億円少ないが、これは、19年4月に子会社化したインドネシアのバンクダナモンの株価下落に絡む特別損失の影響だと思われる。

次に三井住友フィナンシャルグループだ。経常利益は8,118億円、純利益は6,264億円。2018年度の純利益と比較すると969億円の減少だが、純利益を比較すると2019年度は、三菱UFJフィナンシャルグループと大きな差はない。

最後にみずほフィナンシャルグループだ。経常利益は5,615億円。純利益は4,129億円。安定感は抜群だが、他の2つのグループと比較すると収益力は劣る。

メガバンク合計の純利益は、約1兆7千億円。参考までに、同時期のBank of Americaの純利益は約2兆円だ。


バランスシートを見てみよう。

三菱UFJフィナンシャルグループの総資産は314兆円。うち貸出は、106兆円。負債を見ると預金残高は183兆円と貸出より多い。有価証券、貸出ともに残高は減少しているが、それでも有価証券投資は約62兆円、巨大なポートフォリオだ。