top of page

暇なときに キャリア教育 ~大切なこと~

日経新聞に連載中の岸恵子さんの私の履歴書の「恩師」の話が素敵だ。

「根性を通せ。君には多くの才能がある。好きなことをやれ。人生は短いんだ。苦手なものはやらなくていい。」

小学生へのアドバイスだとしたら、

「根性を通せ。君には多くの才能がある。好きなことをやれ。人生は短いんだ。だけど人生の選択肢を広げるために、苦手なものにも取り組みなさい。」

かもしれないが、高校生・大学生向けへの先生からの言葉としては最高のアドバイスだと私は思う。

私は、この恩師のアドバイスを読んで、1915年にイギリスで生まれ、1938年にアメリカへ移住したアラン・ワッツ(Alan Watts) 氏という哲学者の言葉を思い出した。おそらく、ワッツ氏は60年代、70年代のアメリカの若者の職業観に大きな影響を与えた人のひとりでしょう。

ワッツ氏によれば、学生にとってとても大切なことは、「私が望んでいることは何か?」 「私がやりたくてたまらないことは何か?」 そして、「私はどうなりたいのか?」という質問の答えを考えることだという。私は、学生だけではなく、社会人にも当てはまることだと思う。

ワッツ氏は、よく学生の進路相談にのったそうだが、当時の多くの学生が「もうすぐ卒業なのですが、何をしたらいいのかわかりません」と相談に来たそうだ。おそらく今の学生も変わらない。私自身もそうだった。

そこでワッツ氏は学生にいつもこう質問したそうだ。「もしお金が目的ではなかったら君は何をしたい?」「何をして君は人生を楽しみたい?」

すると学生たちは「画家になりたい。詩人になりたい。作家になりたい。でもそれではお金を稼げない。」 と話し出すそうだ。「馬に乗って、アウトドアな生活がしたい。」という学生もいたそうだ。そこでワッツ氏が「乗馬学校で教えたいのかい?」と聞くと学生からの答えはない。

本当に何がしたいのかもっと深く考え、何がしたいのか掘り下げていって、ついにそれがわかったら、ワッツ氏は学生に「それをやりなさい。そしてお金のことは忘れるんだ。」とアドバイスしていたそうだ。

今とは時代背景も異なる。本当にお金のことを忘れていいのだろうか?と思ってしますが、さすが哲学者という説明がここから始まる。

もしあなたが「お金を得ることがもっとも大切だ」と考えているとしたら、あなたは完全に人生を無駄に過ごすことになる。なぜならやりたくないことをする生活を続けるためにやりたくないことをし続けるからだ。これは実に馬鹿げたことだ。そんな惨めな状態で長生きするより、短い人生でも好きなことをやって生きる人生の方がマシでしょう。

学生時代にこういう話をしてもらえるのは有難い。多くのアメリカの若者のキャリア観に大きな影響を与えたはずだ。

何でもいいんだ。あなたが本当にやりたいことをやっていれば、いつか達人になれるでしょう。「好きこそ物の上手なれ」。そのうちあなたにそれなりの報酬を払う人も出てくるでしょう。だからそんなに心配しなくていいんだ。誰か必ずあなたのやっていることに興味を示してくれる人が現れる。

勇気を貰える言葉だ。

自分がやりたくないことをして、人生を過ごすなんて実に馬鹿げたことだ。したくもないことに人生を費やせば、子供達にまで同じような道を辿るように教え、受け継がせてしまう。我々は子供達に自分が生きてきた人生と同じような人生を送らせる教育をしてしまう。自分の子供達が彼らの子供達を自分と同じように育て、似た人生を歩ませる姿を見ることで、自分の人生を肯定し満足しようとしているのだ。まさに吐き気がするのにいつまでたっても吐き出せない状態で生きている。

「私は何を望んでいるのか?」 

ドキッとする。岸恵子さんの恩師とワッツ氏は同じことを言っている。

既に社会人として働いているケースを考えてみよう。例えば、全く同じ職務なのに今働いている企業の給料の2倍の給料を貰える企業があり、転職しようか悩んでいる人がいるとしよう。この人にとって、本当にやりたいことがこの仕事であるのだとすれば、「好きこそ物の上手なれ」であり、その努力が報われ、その人に今の2倍の報酬を払ってでも来てもらいたいという会社が現れたのだ。

躊躇することはないでしょう。本人がチャレンジすると決めるのであれば、キャリアのステップアップとして素晴らしいことなので、周りの人は背中を押してあげれば良い。

別のケースを考えてみよう。「メンバーシップ型」の年功序列、終身雇用の日本の投資銀行で働いている。仕事は辛いこともあるが、楽しいことも多く、まあまあ満足している。でも、より給料の高い「ジョブ型」の外資系投資銀行で働けば、もっと責任を与えられ、噂では給料は2倍くらい貰えるらしく、転職を考えている。

このケースに対してワッツ氏がどのようにアドバイスするのかわからないが、おそらく、それが「あなたが望んでいること」で、 「あなたがやりたくてたまらないこと」で、そして 「あなたが目指していること」なのかと質問するだろう。

私は、より自分を高く評価してくれる組織で働くということは当たり前のことだと思うが、ワッツ氏が言っている「お金を得ることがもっとも大切だと考えているとしたら、あなたは完全に人生を無駄に過ごすことになる。」という意味もよくわかる。

二つ目の外資系投資銀行への転職のケースをよく考えてみよう。

「メンバーシップ型」から「ジョブ型」への転職では、「ジョブ型」は与えられた職務に対する自分のパフォーマンス次第では解雇されるリスクがあるので給与が高い。従って良く考えたほうが良いと多くの人が説明する。間違ってはいないが、もう少し深く考えたほうが良い。