top of page

「脱ゆとり教育」も効果は? 日本人の読解力が急落していた

学習到達調査で「読解力」だけが急落

経済協力開発機構(OECD)の生徒の学習到達度調査(PISA)は、義務教育修了段階の15歳児を対象に、 2000年から3年ごとに、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの3分野で実施しています。


実施年によって、中心分野を設定して重点的に調査することになっていますが、18年調査では読解力を重点的に調べ、日本では全国の高校など約180校の1年生約6100人が参加しました。前回2015年調査からコンピュータ使用型調査に移行しています。 日本は、高校1年相当学年が対象で、2018年調査は、同年6~8月に実施し、その結果が、以下の通り公表されました。


日本は読解力で前回の15年調査の8位から過去最低の15位に後退しました。科学的リテラシーは5位(前回2位)、数学的リテラシーは6位(同5位)となり、それぞれ順位を下げています。


この調査は、あくまでもひとつの目安です。様々な個性を持った生徒が参加しているわけで、日本の義務教育を受けた生徒の学力が落ちていると大騒ぎするのは間違っているとは思います。しかしながら、日本の教育改革に携わる人たちにとっては、これからの日本の教育に何が必要かを考える上でとても興味深い調査結果となっているのも事実です。


科学的リテラシーは5位、数学的リテラシーは6位と引き続き世界のトップレベルで素晴らしい結果となっています。


一方、読解力では、日本の生徒はテキストから情報を探し出す問題、テキストの質と信ぴょう性を評価する問題の正答率が比較的低かったようです。また、読解力の自由記述形式の問題において、自分の考えを他者に伝わるように根拠を示して説明することも苦手なようです。


「国語の授業」を増やしても、読解力は向上しない

我々が考えないといけないのは、「なぜ、どうして?」と疑問を持ち、自分の頭で考え、それを論理的に説明する力が弱いという結果をどう受け止めるかということです。